トウケンコウ|千葉の工務店

NEWS

マメ知識KNOWLEDGE

リノベーションの大事なこと|千葉の工務店

プチリノベ、フルリノベ、スケルトンリノベなど、リノベーションには様々な呼び方があります。
どんな違いがあるのでしょうか?実は、会社や人によって呼び方や意味合いが違っていたりもします。
フルリノベとスケルトンリノベを区別している会社もあれば、フルリノベで統一している会社もあります。
トウケンコウでは以下のように分類しています。



①プチリノベーション

照明
スイッチ

略して”プチリノベ”です。なんかかわいいですよね。
間取り変更など大がかりにはやらないけど、玄関のタイル部分を土間にしたり、照明だけ今っぽくしたり、スイッチだけモダンな雰囲気のものに変えたり「部分的に」「手軽に」やるのがプチリノベです。



②フルリノベーション

フルリノベ

一般的に多く使われている言葉がフルリノベです。
キッチン、お風呂、トイレなどの設備を最新のものにしたり、お部屋ごとにクロスのデザインを変えて今っぽさを出したり、足触りのよい無垢材の床にしたりします。フルリノベなので間取り変更も含みますが、最近はフルリフォームとごっちゃになって使われているケースがあったりします。SUUMOやHOMESなどで「フルリノベーション済み」と書いてある物件を見てみてください。約8割は間取りは従来から変更なし「表層部分のみ」が新しくなっている物件ばかりです。リノベ済み物件の購入を検討されている方は要チェックです。



③スケルトンリノベーション

スケルトン1
スケルトン2

スケルトンリノベーションでは、すべてを解体してコンクリートの箱の状態にします。
トウケンコウではスケルトンリノベを推奨しておりますが、それはなぜか?
理由は、スケルトル(=骨組み)の状態にすることで、①目に見えない老朽化した配管周り(インフラ)を新しくすることができる、②空っぽの箱の状態に一から自分好みに間取りを設計できる。つまり、根っこからすべてを新しく作り変えることができるからです。表面だけをきれいにしてもダメだと思っています。目に見えない部分にこそ大事なものが詰まっています。それらのメンテナンスをしっかり行なって、すべてを自分好みにしていく。それがスケルトルリノベだからです。トウケンコウではフルリノベとスケルトンリノベの違いを①で線引きしていますが、スケルトルリノベをフルリノベと言う会社もありますので、リノベ会社と前提条件をきちんとすり合わせしておきましょう。




「中古を買ってリノベする。」

がキャッチフレーズのようになってきた住宅市場ですが、中古物件は新築に比べて割安ではあるものの”構造部のメンテナンス”をしっかりする必要があります。一般的には25〜35年という住宅ローンを組んで購入するわけですから、リノベするならスケルトルリノべを推奨しております。
「詳細を聞いてみたい」というお客様はぜひ遊びにいらしてください。

リノベ

トウケンコウでは 「物件探し+リノベ」 も 「リノベのみ」 もご対応が可能です。
リノベーションの専門家「リノベーションアドバイザー」もおりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


<関連記事>

リノベーションとキッチン
リノベーションの手順書
マンションリノベーションの基礎知識
中古住宅の耐震って大丈夫なの?
中古住宅はお宝物件が本当に存在する?
住まいの環境をチェックしよう。